eLTAXまたは光ディスク等による給与支払報告書の提出義務基準が引き下げられました

概要

令和3年1月以降に提出する給与支払報告書または公的年金等支払報告書については、前々年における給与所得または公的年金等の源泉徴収票の税務署へ提出すべき枚数が100枚以上であるときは、eLTAXまたは光ディスク等による提出が義務付けられました。

 

eLTAX(地方税ポータルシステム)により提出を行なう場合

eLTAX(地方税ポータルシステム)は、地方税の手続きを電子的に行なうシステムです。地方税の申告や納税を窓口に出向くことなく、自宅やオフィスなどのパソコンからインターネットを通じて簡単に行なうことができます。詳しくは、次のeLTAXのホームページをご覧ください。

eLTAXホームページ(外部リンクが開きます。)

 

光ディスクによる提出を行なう場合

新規で光ディスクでの給与支払報告書の提出を希望する場合は、承認申請書の提出をお願いします。承認申請書の提出は、提出開始初年度のみで、それ以降の提出は不要です。また、光ディスク等による税額通知を希望される場合は、給与支払報告書のデータを提出される際に、税額通知を格納するための光ディスク等の提出もお願いします。提出がない場合は、光ディスク等による税額通知の提供を行なっておりません。

詳しくは、次の「給与支払報告書の光ディスク等による提出承認申請書」をご覧ください。

給与支払報告書の光ディスク等による提出承認申請書(内部リンクが開きます。)