正しく安全に薬を服用するために、お薬手帳を活用しましょう

 けがや病気を治したり、予防したりする薬も、正しく服用しないと健康リスクが生じることがあります。医師や薬剤師と服用情報を共有し、正しく安全に薬を服用するために、お薬手帳を活用しましょう。

 

お薬手帳とは 

 お薬手帳とは、あなたが服用している薬を記録するための手帳です。自身に関する情報(氏名、住所、生年月日、緊急連絡先、副作用歴やアレルギー歴の有無、主な既往歴等)や、服用している薬の情報(服用している薬の名前やその服用量、回数等)を記録することができます。

 お薬手帳は薬局等でもらうことができます。また、市販されているものや、スマートフォンなどで利用できる電子版お薬手帳もありますので、使いやすいものを選んで活用しましょう。

 

お薬手帳を持つことのメリット

・医療機関や薬局で調剤された薬の情報を一括して管理することができます。

・医師や薬剤師等にお薬手帳を提示することで、薬の飲み合わせや重複による副作用、薬の量が適切かどうかなどをチェックしてもらえます。

・服用して体調の変化があったときに記録したり、薬のことで疑問点があったときに記入したりしておくことで、医師や薬剤師等に確実に伝えることができます。

 

お薬手帳を有効に活用するために

・お薬手帳は、複数の医療機関や薬局にかかっていても1冊にまとめて、継続して記録するようにしましょう。

・医療機関や薬局を利用する際にはお薬手帳を必ず持っていき、医師や薬剤師などに提示しましょう。

・市販薬や健康食品を買った場合も、お薬手帳に記録しましょう。

・緊急時に備えて、外出・旅行中も携帯しましょう。携帯することで、災害・事故・急病など不測の事態にも、速やかに適切な処置が受けられます。