下水道排水設備工事の責任技術者として登録するための資格認定試験が実施されます。

福岡県下水道排水設備工事責任技術者試験は、公益社団法人 日本下水道協会作成の共通試験問題により実施しています。

令和元年度から、試験問題の形式や共通試験問題の例が、次の「公益社団法人 日本下水道協会」のホームページに記載されています。

 公益社団法人 日本下水道協会(別ウィンドウが開きます。)

試験日時

令和元年11月3日(日曜日)9時50分から12時00分まで

試験会場

  • 北九州会場 小倉興産KMMビル(北九州市小倉北区浅野二丁目14-1)
  • 福岡会場 福岡ソフトリサーチパークセンタービル(福岡市早良区百道浜二丁目1-22)
  • 久留米会場 久留米ビジネスプラザ(久留米市宮ノ陣四丁目29-11)
  • 飯塚会場 福岡県立飯塚研究開発センター(飯塚市川津680番地41) 

受験手数料

受験手数料 1万2,000円 

申込方法

所定の申込用紙に受験手数料払込証明書を貼付して必要事項を記入のうえ、新宮町役場上下水道課の窓口に提出してください。

(申込用紙などは新宮町役場上下水道課の窓口で配布します。)

申込用紙配付期間

令和元年6月21日(金曜日)から7月12日(金曜日)まで

申込受付期間

令和元年7月1日(月曜日)から7月12日(金曜日) まで

 

詳しい内容は、次の「排水設備工事責任技術者試験試験のご案内」をご覧ください。

排水設備工事責任技術者試験のご案内 [18KB pdfファイル] 

(注)PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。次のAdobe Readerからダウンロードできます。(別ウィンドウが開きます。)

Adobe Reader