マイナンバーカード(個人番号カード)とは

 マイナンバーカードはプラスチック製のICチップ付きカードで、券面に氏名、住所、生年月日、性別、個人番号(マイナンバー)と本人の顔写真等が表示されます。本人確認書類として利用できるほか、住民票などのコンビニ交付(注1)が利用できます。令和3年3月からは、健康保険証としての利用もできるようになります。

 (注1)コンビニ交付に関しての詳細はこちらをご覧ください。(内部リンクが開きます。)

 マイナンバーカードは、地方公共団体システム機構が全国の市区町村分を一括で作成しているため、申請から受け取りまで約1か月半程度の期間を要します。初回の発行手数料は無料です。

マイナンバーカードおもて面    マイナンバーカードうら面

      【おもて面】                【うら面】

申請方法

1.郵送による申請

 「個人番号カード交付申請書」に必要事項を記入し、顔写真を貼り、通知カードとともに同封されている送付用封筒に入れて郵便ポストに投函してください。

 封筒は、差出有効期間が過ぎているものもそのまま使用できます。送付用封筒をなくされた方は、マイナンバーカード総合サイト(外部リンクが開きます。)から封筒素材をダウンロードし、作成してください。

 受け取り方法は、交付時来庁方式となります。

2.スマートフォンによる申請

 スマートフォンのカメラで顔写真(無帽、無背景で最近6か月以内のもの)を撮影し、「個人番号カード交付申請書」のQRコードを読み込み、申請用WEBサイトの手順に従って申請してください。

 受け取り方法は、交付時来庁方式となります。

3.パソコンによる申請

 デジタルカメラ等で顔写真(無帽、無背景で最近6か月以内のもの)を撮影してパソコンに保存し、申請用WEBサイトにアクセスしてください。「個人番号カード交付申請書」に記載の申請書ID(半角数字23桁)を入力し、手順に従って申請してください。

 受け取り方法は、交付時来庁方式となります。

4.まちなかの証明写真機からの申請

 タッチパネルから「個人番号カード申請」を選択し、撮影用のお金を入れて、「個人番号カード交付申請書」のQRコードをバーコードリーダーにかざし、画面の案内に従って申請してください。

(注)証明写真機は、申請に対応していないものもあります。

 受け取り方法は、交付時来庁方式となります。

5.役場における申請

 「個人番号カード交付申請書」(お持ちでない方は保険証等の本人確認書類)をお持ちの上、役場に来庁してください。職員が申請をサポートし、顔写真を無料で撮影できます。また、ご自身で用意した写真(縦4.5cm×横3.5cm、無帽、無背景で最近6か月以内に撮影したもの)を使用することもできます。

 受け取り方法は、交付時来庁方式もしくは申請時来庁方式(注2)となります。

 (注2)申請時来庁方式とは、申請時に必要書類など一定の条件がそろった場合に、カードが自宅に郵送で届くようになり、役場への来庁が一度で済む方法です。必要な条件等については、下記の申請時来庁方式の項目を参照してください。

   【適切な写真】                  【不適切な写真】

    
                          (出典:マイナンバーカード総合サイト)

サイズ 縦4.5cm×横3.5cm      ・顔が横向きのもの
・正面、無帽、無背景のもの      ・無背景でないもの
・白黒の写真でも可          ・正常時の顔貌と著しく異なるもの
・裏面に氏名・生年月日を記入     ・背景に影のあるもの
                   ・ピンボケや手振れにより不鮮明なもの
                   ・帽子、サングラスをかけ人物を特定できないもの

 

1から4までの申請方法の詳細は、マイナンバーカード総合サイトやマイナンバー総合フリーダイヤルで確認できます。

マイナンバーカード総合サイト】(外部リンクが開きます。)

【マイナンバー総合フリーダイヤル】

0120-95-0178(音声ガイダンス後「1」を押してください。) 

平日:9時00分から20時00分まで 土日祝:9時00分から17時30分まで

「個人番号カード交付申請書」について

通知カード及び個人番号カード交付申請書の様式
                                  (出典:総務省ホームページ)

通知カード発行から、住所・氏名等に変更がない方

 通知カードとともに同封されている「個人番号カード交付申請書」をお持ちの場合は、通知カード部分をミシン目にそって切り離し、そのまま使用できます。

通知カード発行から、住所・氏名等に変更があった方

 通知カードに記載されている住所・氏名等について、引越し・婚姻等により変更がある場合は、通知カードとともに同封されている「個人番号カード交付申請書」は使用できません。住所・氏名等の変更手続き時に役場で発行した新しい「個人番号カード交付申請書」(A4サイズ)を使用してください。

「個人番号カード交付申請書」をお持ちでない方

 保険証等の本人確認書類をお持ちの上、役場で新たに「個人番号カード交付申請書」の発行を受けてください。なお、同一世帯の方の分は一緒に発行することができます。

受け取り方法

交付時来庁方式(作成されたカードの受け取りのため、後日、本人が役場に来庁する方法)

受け取りまでの流れ
  1. 申請から約1か月後、カードの準備ができ次第、役場から自宅に通知(交付通知書)が届きます。
  2. 電話にてカードの受け取り日時を予約します。その際、受け取りに必要な書類等をご案内します。
  3. 予約した日時に役場に来庁し、暗証番号の設定等を行い、カードを受け取ります。
受け取り時に持参するもの
  • 交付通知書
  • マイナンバーカード交付予約票
  • 通知カード(紛失している場合は予約時にお尋ねください)
  • 本人確認書類
     A書類1点もしくはB書類2点
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • マイナンバーカード(再交付の方のみ)

(注)法定代理人が同行する場合は、以下の書類も持参してください。

  • 法定代理人の本人確認書類(A書類1点もしくはB書類2点)
  • 法定代理人であることの確認書類(戸籍謄本、登記事項証明書等)
      
    【本人確認書類の例】

    A

    運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降のもの)、パスポート(旅券)、住民基本台帳カード(顔写真付き)、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可証、仮滞在許可証、マイナンバーカードなど

    B

    健康保険証、年金手帳、各種年金証書、医療受給者証、介護保険証、生活保護受給者証、(特別)児童扶養手当証書、住民基本台帳カード(顔写真なし)、預金通帳(本人名義)、社員証、学生証など

(注)本人が病気で入院中である場合や、身体の障がい等やむを得ない理由で来庁が困難な場合は、役場住民課までお問い合わせください。

(注)マイナンバーカードの再交付の方は、交付時に発行手数料(カード本体800円、電子証明書200円)を徴収します。手数料の有無については以下のとおりです。

  • 紛失・焼失・破損による再交付     ・・・有料
  • 有効期間満了による再交付(カード更新)・・・有料
  • 券面追記欄の不足による再交付     ・・・無料
  • 国外転出による返納後の再交付     ・・・無料

申請時来庁方式(作成されたカードが、後日、自宅に本人限定受取郵便で届く方法)

受け取りまでの流れ
  1. 本人が必要書類を持って役場に来庁し、カードを申請します。その際、暗証番号を決めていただきます。
  2. 役場にて、予め決めていただいた暗証番号をカードに設定します。
  3. 申請から約1か月半後、自宅にカードが本人限定受取郵便で届きます。本人確認書類を提示し、カードを受け取ります。
来庁いただく方

申請者本人(任意代理人による申請は不可)

(注)15歳未満の方または成年被後見人の方は、必ず法定代理人が同行してください。

持参するもの
  • 通知カード
  • 本人確認書類
     A書類1点もしくはB書類2点
     通知カードを紛失している場合は、A書類2点もしくはA書類1点+B書類1点
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • マイナンバーカード(再交付の方のみ)

(注)法定代理人が同行する場合は、以下の書類も持参してください。

  • 法定代理人の本人確認書類(A書類1点もしくはB書類2点)
  • 法定代理人であることの確認書類(戸籍謄本、登記事項証明書等)

    【本人確認書類の例】

    A

    運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降のもの)、パスポート(旅券)、住民基本台帳カード(顔写真付き)、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可証、仮滞在許可証、マイナンバーカードなど

    B

    健康保険証、年金手帳、各種年金証書、医療受給者証、介護保険証、生活保護受給者証、(特別)児童扶養手当証書、住民基本台帳カード(顔写真なし)、預金通帳(本人名義)、社員証、学生証など

(注)マイナンバーカードの再交付の方は、申請時に発行手数料(カード本体800円、電子証明書200円)を徴収します。手数料の有無については以下のとおりです。

  • 紛失・焼失・破損による再交付     ・・・有料
  • 有効期間満了による再交付(カード更新)・・・有料
  • 券面追記欄の不足による再交付     ・・・無料
  • 国外転出による返納後の再交付     ・・・無料
受け取りについて

 作成されたカードは、申請から約1か月半後に、本人限定受取郵便(特例型)で送付します。

 郵便局から通知書が届いた後、希望日を連絡し、自宅でお受け取りいただくか郵便窓口にてお受け取りください。なお、受け取りには本人確認書類(運転免許証、保険証等)の提示が必要です。

注意事項
  • 申請時に、通知カード・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)・マイナンバーカード(再交付の方のみ)を回収します。本人確認書類として利用予定がある方はご注意ください。
  • カードの自宅への郵送は一回のみで、受け取られずに役場に返戻された場合は再送しません。あらためて受取案内を送付しますので、役場窓口にてお受け取りください。
  • カードの送付先は、住民票に記載されている住所となります。(転送不可)
  • 申請からカード受け取りまでの間に、住所・氏名等の変更があった場合は、カードが最新の情報で作成されない可能性があります。その場合、カードの券面記載事項更新のため、別途来庁いただく必要があります。
  • カードは、暗証番号を設定した時点で「交付済み」となります。受け取らないまま新しいカードの発行申請をすると、「再発行」の扱いになりますので、再度手数料が発生します。
  • 持参するものが不足している場合など、申請を受け付けられない場合があります。また、申請内容の変更や取り消しはできませんのでご了承ください。