納税証明書

 税金が納められていることを証明するものです。納税証明書にはいくつかの種類があります。納税証明書の使用目的や提出先によって、必要な納税証明書の種類が変わりますので、事前に提出先へご確認をお願いします。

証明書の種類と内容

納税証明書(町県民税・固定資産税・法人町民税・国民健康保険税)

 各税目についての納付すべき税額、納付した税額及び未納税額等の証明

完納証明書(滞納がないことの証明)

 証明日現在で、未納税額がないことの証明

 

軽自動車税(種別割)納税証明書(車検用)

  • 軽自動車税(種別割)が納められていることを証明するものであり、車検の時に必要な証明書です。その車両の税金について現年度だけでなく、過年度も未納なく納められていることが必要です。
  • キャッシュレス決済を利用した場合、領収証書は発行されず、領収印のない納付書が残ります。納付書に付属している納税証明書が車両検査で必要な場合は、金融機関等での納付をお願いします。

(注)キャッシュレス決済に関する詳細は、次の「町税の納付方法」をご覧ください。
町税の納付方法(内部リンクが開きます。)

 

請求方法と発行手数料について 

 請求方法と発行手数料については、次の「各種税務証明書の請求方法と発行手数料について」をご覧ください。

各種税務証明書の請求方法と発行手数料について」をご覧ください。

 

申請様式のダウンロード

 各種申請様式は、次の「各種税務証明書交付に関する申請様式」からダウンロードできます。

各種税務証明書交付に関する申請様式