納税通知書について

Q 現在軽自動車等を持っていないのに、「軽自動車税納税通知書」が来たのはなぜですか?

A 軽自動車税は4月1日現在、軽自動車等を所有している個人・法人などに課税されるためです。

人に譲った場合

 4月1日以前に譲ったにもかかわらず納税通知書が来た場合、名義変更などの手続きをしていないことが考えられます。税務課軽自動車税担当までご連絡ください。

既に廃車している場合

 軽自動車や125ccを超える二輪車の廃車手続きは、軽自動車検査協会などで行いますが、その手続きが完了した旨の通知が新宮町に届くのに時間がかかることが原因と考えられます。税務課軽自動車税担当までご連絡ください。

解体した場合

 4月1日以前に業者に依頼して解体したのに納税通知書が届く場合、廃車手続きをしていないことが考えられます。まず、税務課軽自動車税担当までご連絡ください。

 

原動機付自転車の盗難後の手続きについて 

Q 原動機付自転車を盗まれてしまいましたが、どのような手続きが必要ですか?

A 警察に盗難届を提出し、その後、新宮町役場税務課窓口で廃車の手続きを行ってください。来庁される時には、盗難届の受理年月日・届けた警察署名・受理番号を控えてきてください。廃車手続きを行わないと、翌年以降も軽自動車税が課税されますのでご注意ください。

 

納税証明書(車検用)について

 Q 車検時に必要な納税証明書とは?

A 軽自動車税納税通知書右端の軽自動車税納税証明書をご利用ください。ただし、領収印のないものや、*印で消してあるものは利用できません。納税証明書を紛失した場合、新宮町役場税務課で再発行いたします。(無料)