軽自動車税とは

 軽自動車税は、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車および二輪の小型自動車(これらを「軽自動車等」といいます。)の所有者または使用者に対して、市町村により課税される税です。

 

軽自動車税を納める人(納税義務者)  

 4月1日現在、新宮町内に定置場を有している個人・法人などに対して課税されます。軽自動車税納税通知書(納付書)の送付は5月上旬です。

(注)4月2日以降に廃車や譲渡をしても、その年度までは課税され、月割りでの税金の還付はありません。

 

税額

軽自動車税の税額変更

税制改正により、平成28年度から軽自動車税の税額が変更になります。

原動機付自転車及び二輪車等

年税額は次のとおりです。

種別

税額

原付自転車 原付一種(50cc以下) 2,000円
ミニカー(50cc以下) 3,700円
原付二種乙(50cc超~90cc) 2,000円
原付二種甲(90cc超~125cc) 2,400円
農耕作業用 2,400円
その他の小型特殊自動車 5,900円
軽二輪 3,600円
二輪小型自動車 6,000円

軽自動車

平成27年4月1日以後に新規登録する車両は「(2)平成27年4月1日以後」の年税額に、平成28年4月1日以後の賦課期日(毎年4月1日)現在で、新規登録から13年を超える車両は「(3)13年超」の年税額になります。

 (注)平成27年3月31日までに新規登録した車両(初めて車両番号の指定を受けた車両)は、登録後13年まで、現行税率「(1)平成27年3月31日以前」の年税額です。

車種区分

(1)平成27年3月31日以前

年税額

(2)平成27年4月1日以後

年税額

(3)13年超

年税額

軽三輪 3,100円 3,900円 4,600円

軽四輪

以上

乗用 自家用 7,200円 10,800円 12,900円
営業用 5,500円 6,900円 8,200円
貨物用 自家用 4,000円 5,000円 6,000円
営業用 3,000円 3,800円 4,500円

 

 平成29年度分の軽自動車税にグリーン化特例(軽課)が適用されます

 平成28年4月1日から平成29年3月31日までに新規取得した四輪以上及び三輪の軽自動車(新車に限ります)で、一定の環境性能を有するものについて、平成29年度分の軽自動車税の税率を軽減する特例措置が導入されます。

対象車 内容
電気自動車・
天然ガス自動車(ポスト新長期規制から窒素酸化物10%低減)
概ね75%軽減
ガソリン車・
ハイブリッド車
・乗用車 平成32年度燃費基準+20%達成
・貨物車 平成27年度燃費基準+35%達成
概ね50%軽減
・乗用車 平成32年度燃費基準 達成
・貨物車 平成27年度燃費基準+15%達成
概ね25%軽減