公的個人認証サービスの有効期限は3年間です。
(注)有効期間中でも住所・氏名などに変更があると無効になります。

有効期限が切れると

公的個人認証サービスの有効期限が満了になると、電子証明が失効し、国税電子申告(e-Tax)などの電子申請をすることができなくなります。特に国税の電子申告を行う時期の1月から3月までは電子証明書の期限切れには注意してください。
現在の電子証明書が失効した後でも、手続きをすれば新しい電子証明書の発行を受けることができます。

有効期限の確認方法

  1. 電子証明書の写しでの確認
    写しは、電子証明書を発行したときに渡しています。
  2. 公的個人認証サービス利用者クライアントソフトの証明書表示ツールによる確認

3か月前から更新できます

公的個人認証サービスは、有効期限満了日の3か月前から更新ができます。
(注)更新手続を行った場合の新しい電子証明書の有効期間は、手続きの日から起算して3年間です。

申込先

 新宮町役場住民課  

持ってくるもの

  • 更新する電子証明書が格納された住民基本台帳カード
  • 官公署発行の写真付き身分証明書で現住所が確認できるもの
    (例)写真付きの住民基本台帳カード、運転免許証など

発行手数料

500円