パソコン家庭で使わなくなったパソコンは販売メーカーによるリサイクルが義務付けられています。

消費者とメーカーが協力しながら使用済みパソコンを回収し、再資源化することで廃棄物を削減し、資源を有効利用することができます。
 

対象となるもの

  • パソコン本体(デスクトップ型、ノートブック型)
  • 販売時に同梱されていた付属装置(キーボード、マウス、テンキー、コードなど)

対象にならないもの

  • ワープロ、プリンター、スキャナーなどの周辺機
  • フロッピーディスク、CDやDVDなどの記憶媒体
    (注)これらは燃えるごみや分別収集ごみなどに出してください。

処理方法

  • 廃棄しようとするパソコンのメーカーに電話やインターネットで回収を申し込んでください。
  • 自作したパソコンや倒産したメーカーのパソコンは一般社団法人パソコン3R推進協会にインターネットで申し込んでください。
    次のパソコン3R推進協会をクリックしてください。(別ウィンドウが開きます。)

パソコン3R推進協会(電話:03-5282-7685)

料金

  • PCリサイクルマークが表示されていれば処理PCリサイクルマーク費用はかかりません。
    (注)メーカーが倒産していれば料金が必要になります。
  • PCリサイクルマークが表示されていないパソコンは処理費用が必要です。
    (注)詳しい金額はパソコンメーカーやパソコン3R推進協会で確認してください。