病院などの窓口で保険証などを提出すれば、年齢などに応じた自己負担割合を支払うだけで、診察、治療、入院や検査、薬や注射などの処置などの医療を受けることができます。ただし、2年を経過すると支給されません。
 
自己負担割合
0歳から義務教育就学前まで  2割
義務教育就学後から69歳まで  3割
70歳から74歳まで

昭和19年4月1日以前生まれ  1割

(注)現役並みの所得がある人は3割

昭和19年4月2日以降生まれ  2割

(注)現役並みの所得がある人は3割

 

 
 
(注)現役並みの所得がある人とは、課税所得金額が145万円以上の70歳から74歳までの国民健康保険の加入者がいる世帯に属する人です。ただし、被保険者の収入の合計が、1人の場合で383万円未満、2人以上の場合で520万円未満であると申請した場合は、生年月日によって1割負担または2割負担となります。