病院などの窓口で保険証などを提出すれば、年齢などに応じた自己負担割合を支払うだけで、診察、治療、入院や検査、薬や注射などの処置などの医療を受けることができます。ただし、2年を経過すると支給されません。
自己負担割合
小学校入学前の人

2割

小学校入学後から70歳未満の人

3割

70歳以上から75歳未満の人

1割・2割・3割

70~74歳の国保被保険者の医療費負担割合の変更

 これまで、70~74歳の人の医療費の負担割合は特例措置で暫定的に1割とされていましたが、国でこれらの見直しがなされ、平成26年4月2日以降に70歳になる人から負担割合が変更になります。 

平成26年4月2日以降に70歳になる人

70歳の誕生日の翌月(ただし各月1日が誕生日の人はその月)から負担割合が2割になります。70歳になった月内に役場からお知らせが届きます。

平成26年4月1日までに70歳になる人

4月以降も負担割合は1割のままです。

(注)ただし、同一世帯に一定以上の所得(住民税課税所得145万円以上)がある70~74歳の国保被保険者がいる人は、これまでどおり3割負担です。

 また、負担割合は、住民税の課税所得により変更になることがあります。(8月が負担割合の年度更新月となるため、前月にお知らせが届きます。)