ひとり親家庭等医療の概要

新宮町内に住民票があり、健康保険に加入しているひとり親家庭の父または母・児童、父母のいない児童、配偶者が重度の障がい状態にある人を対象に、医療費の助成を行なっています。

対象

  • 配偶者(婚姻の届出はしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある人を含む。)のない人で、18歳未満の児童を監護(保護、監督)している人
  • 配偶者が障害基礎年金の1級、身体障害者手帳1級、または2級を持っている人で18歳未満の児童を監護している人(ただし、心臓・腎臓・呼吸器または膀胱もしくは直腸機能障害の1級または2級、肢体不自由のうち上肢障害の2級の3、4を除く)

自己負担

通院の場合

1か月に800円が上限

入院の場合

1日に500円で月に7日が限度

(注1)いずれも1医療機関ごとに自己負担が必要です。(ただし、薬局は除く)
(注2)保険適用外の診療分、入院時の食事療養費、室料、薬の容器代などは除きます。

所得制限

本人と同居の家族などの所得制限があります。詳しくは、問い合わせください。

申請に必要なもの

  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 母子家庭または父子家庭であることを証明する書類(戸籍謄本、児童扶養手当の証書、遺族年金の証書など)
  • 前住所地の所得証明書など

注意事項

  • そのほか必要書類など母子または父子家庭の状況により必要な書類が異なります。詳しくは問い合わせください。
  • 毎年更新手続きが必要です。
  • 申請が遅れると、助成を受けられない期間ができますので、早めに手続きをしてください。
  • 申請に来ることができないなどの理由がある人は、問い合わせください。