壁塗遺跡は三代区の柳ヶ浦池の西側、国道3号から東に約200メートルの所に位置しています。約10年前、町道の拡幅に伴い、発掘調査を行ったとき、弥生時代の住居跡などを確認しました。

今回は、新設中学校の建設に伴い、地図にしめす広大な広さの土地を調査します。

発掘現場での様子や雰囲気をお伝えします。

壁塗遺跡位置図

発掘の前に…(平成28年2月上旬)

発掘現場を確認するため、機械で試掘を行いました。すると、土器などのかけらが出てきたので、調査をする深さまで機械で掘りすすめました。

・試掘前の現場

試掘前の現場

・試掘の様子

 試掘の様子

発掘調査開始(平成28年2月下旬から3月)

 いよいよ作業員のみなさんと一緒に発掘を開始しました。しかし、天気が不安定なためなかなか進みません。現場からは、多数のピット(柱穴)が見つかりました。また、トレンチ(試掘のための溝)を入れていくと「土器片」が多数見つかりました。

・多数のピットを発見 

ピットの様子

・トレンチの様子

トレンチ

・トレンチにある土器片

土器片

発掘開始から3月までの様子を見ていただきました。次回は発掘の様子を引き続いて紹介しながら、専門用語なども解説します。