新宮町の合併60周年を祝うため、10月25日(日曜日)にそぴあしんぐうで記念式典を開催しました。 

 式典では、新宮中学校吹奏楽部、新宮高校吹奏楽部、ドリーム・ウィンド・オーケストラ「宴創」吹奏楽団とのコラボレーションによる豪華なオープニング演奏に始まり、九州産業大学の最先端技術を駆使した「プロジェクションマッピング」のほか、記念オリジナルナンバープレートの表彰や、新宮町へのメッセージ表彰、60年前の写真を中心に新宮町の歩みをたどっていく「フォトムービー」、文化協会所属団体による記念イベントなど、さまざまな催しを行いました。

 また、展示室では新宮町の模型に映像を重ねた「ミニプロジェクションマッピング」の演出、そぴあしんぐう館内では受賞作品の展示、記念事業の紹介、さらには新宮町を舞台にした感動のファンタジー映画「千年火」の上映など、式典以外でも新宮町の歴史を振り返ることができました。

 式典には、来賓の皆さまをはじめ、たくさんの方にご参加いただき、無事に成功を収めることができました。誠にありがとうございました。

式典でのあいさつの画像 式典の様子の画像 ミニプロジェクションマッピングを見ている画像

(注)1枚目、2枚目は式典の写真で、3枚目は「ミニプロジェクションマッピング」を見ている写真です。