受賞した森幸生さん(右)

 10月26日(日曜日)、平成26年度福岡市民芸術祭参加行事第22回福岡映像コンテストで、森幸生さん(緑ケ浜)の作品『島の初盆』が短編の部最高位の福岡文化連盟賞を受賞され、10月28日(火曜日)来庁されました。
 『島の初盆』には、相島の初盆の様子と島民のインタビューが撮影されています。
 森さんは、新宮町のアピールはもちろん、映像作品を作ることで後の世代へ記録に残るよう撮影されています。「長年新宮町を撮ってきましたが、まだまだ撮れていないものがあります。今後もいろんな行事を撮影していきたい」と、抱負を語られました。

 今後も素敵な作品を撮影されることを楽しみにしています。