7月3日(木曜日)愛媛県松山市で行われた第32回全国町村下水道推進大会・研究会議にパネリストとして出席しました。

 新宮町が抱える下水道の早期普及と事業運営についての課題を提言として発表し、国土交通省・総務省・下水道事業団それぞれから助言・アドバイスを受けることができました。
 今後は、下水道の早期普及と持続的な下水道運営に向けて、施設管理(モノ)、経営管理(カネ)、管理体制(ヒト)を一体的に管理する仕組み作りを構築したいと考えております。