平成25年12月4日(水曜日)一般質問通告内容一覧(質問者5人)
1日間で行います。   

平成25年12月4日(水曜日)9時30分から

 質問順(通告順)1番から5番まで

1番:船越 孝義 議員
2番:田村 征司 議員
3番:冨永 仁 議員
4番:牧野 真紀子議員
5番:矢山 尚司 議員
 

1番 船越 孝義 議員

(1)  新設中学校の建設候補地は   

 住宅開発や商業地域から住居地域への変更のため、マンション等の建設や町内への若い世帯の転入の増加により、保育所、幼稚園、そして小学校、中学校へと子どもたちの成長に従って中学校を新設しないと対応できない状態になっている。 

  1. 平成31年4月開校を目指すといわれた、新設中学校の建設候補地は、どこになるのか町長に伺う。
  2. 教育委員会として、どのような中学校をつくろうと考えているのか、その構想はあるのか、中学校を新設するにあたって小中一貫校を検討されないのか教育長に伺う。

 

 2番 田村 征司 議員

(1)横大路家住宅に再び千年火を灯せないか
    1.  横大路家住宅(通称・千年家)は、戸が閉っている時が多いようだが、どのような管理体制をとっているのか町長に伺う。
       また、見学に来られた人が、日本で1200年間も燃え続けていた歴史的な火を見に来たが、今は存在しないことを非常に残念がっておられた。
       住民の人達が天台宗の本山にお願いし、火を再び新宮町に灯すことが可能となり「千年家のかまどで文化の火として守り続けさせていただきたい」と町に申し出があった場合、それは可能なのか、また町として支援はできるのか町長の所見を伺う。
    2. 横大路家住宅近くに歴史的いわれのある「岩井の水」がある。誰でも水が汲めるよう整備してはどうかと思うが、町長の所見を伺う。
(2)名所・旧跡の案内板や説明板の整備を 

  新宮町には、多くの名所・旧跡がある。案内板の点検や説明板を子どもたちが学習しやすいように整備してはどうかと思うが、教育長の所見を伺う。 
 

3番 冨永 仁 議員

(1)渡船の新船就航における対応は  

 来年10月1日就航予定に向けて、広島県尾道市の造船所で建造中であると聞く。22年振りの新船建造となる双胴船の就航を相島の子ども達や住民をはじめ多くの人が待ち望んでいる。就航に当たり、次のことについて町長の見解を問う。

  1. 新船が造船所から新宮町に9月下旬頃回航して来ると思うが,尾道市の造船所まで新宮町から住民が迎えに行き,乗船して来ることはできないのか。
  2. 新船の10月1日の就航予定に当たり、町として住民にお披露目を兼ねて就航式典を行なわないのか。
(2)観光協会の設立は

 新船就航に当たり、相島の観光に力を入れてはどうかと思うが、新宮町観光協会の設立の進捗状況とその施策は。

  

4番 牧野 真紀子 議員

(1)新宮町の教育をどのように捉え、推進していかれるのか

  教育長として新宮町に赴任され、新宮町の教育をどのように捉えられているのか。また、新宮町独自の教育方針についてのビジョン等を伺う。

(2)西鉄貝塚線に新駅(湊坂駅)設置を

 西鉄宮地岳線は、平成19年3月に新宮から津屋崎間が廃止となり、西鉄新宮駅が起終点駅となった。第3次総合計画には、JRと西鉄宮地岳線の新駅設置の推進計画を挙げ、第4次総合計画には、JR新駅設置の調査・研究、西鉄新駅の調査・研究、具体的に、湊坂への設置について調査・研究するとあった。
どのよう調査・研究をされたのか、20年を経過しているので、時系列にて具体的に伺う。
 新駅設置については、周辺自治体や西鉄とも協議する必要があるが、西部振興プロジェクトを立ち上げて、行政と共に協議していく場を検討していく考えはあるか伺う。

5番 矢山 尚司 議員

(1)『行政改革大綱』に基づく行政改革の取組を問う

  平成17年12月に策定された『第2次新宮町行政改革大綱』の実施スケジュールとして、平成17年度から平成21年度を前期とする「第2次新宮町行政改革大綱実施計画」による行政改革は、一定の成果があったと評価できるが、後期実施計画が示されないまま今日に至っている。
 第5次新宮町総合計画の「効率的な行財政運営」を実現するためにも重要な大綱と位置付けるが、町長の見解を問う。

 (2)子育て環境と福祉が充実したまちづくりを

 人口の急激な増加、特に若い世帯の転入により、新宮町では、乳幼児を抱えた母親をよく見かける。しかし、役場庁舎を始め、シーオーレ新宮にも授乳で立ち寄ることができる施設がない現状である。「乳幼児を連れた保護者が安心して外出できる環境づくりを進める事業」を考えてはどうか。
 また、耳の不自由な方の受付窓口対応の一助として、「耳マーク」の表示板設置やバッチ装着の普及事業を推進してはどうか。
 町長の意見を問う。