平成25年9月4日(水曜日)一般質問通告内容一覧(質問者4人)
1日間で行います。   

平成25年9月4日(水曜日)

 質問順(通告順)1番から4番まで

1番:松井 和行 議員
2番:田村 征司 議員
3番:阿部 哲二 議員
4番:矢山 尚司 議員
 

1番 松井 和行 議員

(1)町立幼稚園の今後は

    町立幼稚園は、相島校区を除き一小学校校区に一幼稚園で、3園により全入制を続けてきたが、幼児の急激な増加により、平成24年11月1日から定員制が導入された。平成25年度入園募集の際には、大きな問題はなかったと聞くが、現在の人口の伸びから、平成26年度の入園児募集に対しては、入園できないなどの諸問題が起こることが予想されるが、どのような対応を取られるのかを伺う。 

  1. (仮称)新宮北小学校区に幼稚園は検討しないのか、今後の町立幼稚園の構想は。
  2. 私立幼稚園とは、保育料に差があるが検討はしないのか。   
(2)幼保一体化の推進は

 平成25年7月に大刀洗町は、0歳児から中学生までの子育てを一貫して支援する「子ども課」を町教育委員会に新設し、子育て支援センターや保育所など、厚生労働省が所管する就学前の業務を文部科学省所管の町教育委員会に移管し、小・中学校との連携を強化した。
 国も文部科学省・厚生労働省の幼保連携推進室が認定こども園を推進している。幼稚園、保育所等の機能を備え、認定基準を満たす施設は県知事から認定を受けることができる。新宮町に導入できれば、幼保一体化の推進に繋がる手段と考えるが、検討はしないのか伺う。

2番 田村 征司 議員

(1)福工大前駅自転車駐車場2階の利用法は

 近年、駐輪の利用者が減り、2階は使用中止となっているようである。施設の有効利用が他にないのか伺う。
 他の目的に利用が出来るならば、一部に子どもの学習室を設けられないかと思うが、町長の見解を伺う。

(2)楯の松原の散策路整備を

     新宮町には美しい楯の松原があり、海岸に出る道と松林の中にはジョギングやウオーキングの人が利用されている散策路がある。
     この夏、海水浴の帰りの人がすれ違う車の土ほこりをかぶっていた。左右の樹木も土ほこりで真っ白になっていた。
     夏が過ぎると海岸まで自動車は進入出来ないが、車止めを開放し車椅子やデイケアの車も海岸まで行けるよう、また波の音や鳥の声、草木の自然を楽しめるような散策路(アスファルト)を防犯防火の設備も併せて整備をしてはどうかと思うが、町長の見解を伺う。  

     

3番 阿部 哲二 議員

(1)自転車の安全な通行を

  自転車は、免許証も必要なく、手軽な乗りものとして、子どもからお年寄りまで幅広く利用されています。 
 最近、新宮町でも自動車や歩行者との接触事故や無灯火運転など自転車の安全運転マナーが大きな問題になっています。
 運転者、そして道路を管理する自治体が、警察署と連携し、自転車のマナーや道交法の遵守による安全利用の啓発及び町道への自転車通行レーンの設置など、必要があると思われるが、町長の見解を伺う。 

 

4番 矢山 尚司 議員

(1)町が所有する公共施設の将来の活用計画は

 人口増加に伴い、公共施設の利用者数の増加や利用方法の多様化が考えられるが、現在町の収入にどのように反映しているのか伺う。                                   
 今後、税制度の改正を考慮すると、将来的な財政リスク解消に向け、民間の活力導入など、公共施設の活用や町有地の貸借についても、抜本改革が必要であると考えるが、町長の見解を伺う。