郵便などで不在者投票できる要件

  • 身体障害者手帳を持っている人
  • 戦傷病者手帳を持っている人
  • 介護保険被保険者証を持っている人

(注)要件を満たす人でも次の郵便等投票証明書の発行可能な人でなければ郵便での不在者投票を行うことができません。

詳しくは、次の郵便投票パンフレットをご参照ください。

郵便投票パンフレット(総務省、財団法人 明るい選挙推進協会作成) [691KB pdfファイル]

PDFファイル閲覧には、Adobe Readerが必要です。次のAdobe Readerからダウンロードできます。(別ウィンドウが開きます。)

Adobe Reader

郵便等投票証明書の発行可能な人

身体障害者手帳を持っている人
区分要件

両下肢機能障害

1級又は2級

体幹機能障害

1級又は2級

移動機能障害

1級又は2級

心臓機能障害

1級から3級まで

じん臓機能障害

1級から3級まで

呼吸器機能障害

1級から3級まで

膀胱又は直腸の機能障害

1級から3級まで

小腸機能障害

1級から3級まで

免疫機能障害

1級から3級まで

戦傷病者手帳を持っている人
区分要件

両下肢機能障害

特別項症から第2項症まで

体幹機能障害

特別項症から第2項症まで

心臓機能障害

特別項症から第3項症まで

じん臓機能障害

特別項症から第3項症まで

呼吸器機能障害

特別項症から第3項症まで

膀胱又は直腸の機能障害

特別項症から第3項症まで

小腸機能障害

特別項症から第3項症まで

介護保険被保険者証を持っている人
区分要件

要介護状態区分

要介護5

(注)郵便での不在者投票を行うには、新宮町選挙管理委員会が発行した郵便等投票証明書が必要となりますので必ず申請してください。

投票までの流れ

1.投票用紙・投票用封筒の請求

選挙期日の4日までに、投票用紙等請求書の所定欄に必要事項を本人の自筆により記入し、郵便等投票証明書を同封のうえ新宮町選挙管理委員会に投票用紙と投票用封筒を請求してください。
(注)郵便等投票証明書は、必ず同封してください。投票用紙を郵送する際に返却します。

2.投票用紙、投票用内封筒、外封筒、返信用封筒の交付

投票用紙等請求書と郵便等投票証明書が到着次第、新宮町選挙管理委員会が審査を行います。審査終了後、自宅に投票用紙、投票用内封筒、外封筒、返信用封筒を郵便等投票証明書と一緒に郵送します。

3.投票

郵送されてきた投票用紙に候補者の氏名や政党名を記入し、不在者投票内封筒に入れて封をします。その封筒を更に不在者投票外封筒に入れ、封をして外封筒の署名欄に自筆で投票日、投票を記載した場所及び氏名を記入してください。

4.投票用紙の郵送

同封した返信用封筒を使って郵便で新宮町選挙管理委員会に返送してください。

郵便等投票証明書

郵便等投票証明書の交付申請

身体障害者手帳などを持参して新宮町選挙管理委員会に申請してください。
(注1)代理の人でも申請できますが、申請書には本人の署名が必要です。
(注2)直接新宮町選挙管理委員会に来ることができない人は、新宮町選挙管理委員会に連絡してください。
(注3)申請書受理後、本人あて郵便等投票証明書を郵送しますので、大切に保管しておいてください。

郵便等投票証明書の有効期間

要介護者の郵便等投票証明書の場合

交付の日から介護保険の被保険者証に記載されている要介護認定の有効期間の末日まで

要介護者以外の人の場合

交付の日から7年